共立コミュニケーションズ(KCC)で働く先輩社員が経験した仕事のレポートをご覧頂けます。

広告制作|東京|共立コミュニケーションズ株式会社(KCC)


採用情報

KCCトップ > 採用情報 > 先輩社員レポート > 展示会前日まで、細かい作業と調整が続く

先輩社員レポート

共立コミュニケーションズで働く先輩が経験した仕事をレポート! 企画営業部/主任 牧野竜一

展示会前日まで、細かい作業と調整が続く

できあがったデザインは、まさにハデなものだった。ブースの壁に並べられた飲料水のボトルは裏から照明があてられ、一見、精密部品メーカーのブースとは思えないような印象を受ける。だが、このデザインが具現化された時、来場者の眼をひくことは間違いない。また、ストラップ付きのボトルを採用すれば、それを受け取った来場者は首から下げて会場を歩き回る。つまり、「歩く広告塔」となってくれる。そんな狙いを考えていた牧野の企画とデザインに、A社の担当者は強い興味を示し、ゴーサインが出された。プロジェクトは本格的に動き出したのである。

来場者の様子
来場者の様子

そして、ここから牧野の施設の設計・施工経験が生かされることになる。例えば、ブース奥に設置された棚に、ボトルは数段に分けてディスプレイされる。それらを照明で効果的に照らすために、ボトルを乗せるパネルには、透明なアクリル板を使用。牧野は協力会社と検討を重ね、数十本のボトルを乗せても強度を維持できるパネルを発注した。さらに「X」の文字を表現するために、ネオンのような光を放つ蛍光管が利用された。

施工面だけでなく、運営面でもやるべき事はたくさんあった。ブースにはステージが設けられ、MC(司会者)やコンパニオンによる製品説明が行われる。そのための原稿作成、コンパニオンのオーディションなどを各分野を専門とする協力会社と共に推進させた。展示会まで残された時間は少なく多忙を極めたが、充実した時を過ごす牧野がそこにはいた。

NEXT REPORT

5:予想を超える来場者がブースを訪れる
構想どおりのブースが完成し、A社の担当者も絶賛。展示会が始まると、来場者は当初の予想を遥かに上回った。
  • 1(クライアントの予想を超える成功を収め、プロモーションの新しい分野を軌道に乗せた)
  • 2(世界トップシェアの威信にかけて・・・)
  • 3(多くの来場者を集めるしかけを提案)
  • 4(展示会前日まで、細かい作業と調整が続く)
  • 5(予想を超える来場者がブースを訪れる)
  • 6(エピローグ)

採用情報トップへ戻る



このページの先頭へ

  • 個人情報保護方針
東京都千代田区飯田橋2-13-5 文栄ビル
TEL:03-3265-3691 / FAX:03-5213-7477

東京の広告制作会社 KCCは、広告やWeb、映像、印刷物、イベントの企画・制作・運営等を総合的にサポートします。